2016年06月03日

子宮や卵巣の老化を防ぐ食生活は

えびやくるみ、黒豆、なまこ、にらなどを、毎日の食事でこまめにとりましよう
栄養バランスがとれた食事が基本になりますが、えびや黒きくらげ、なまこ、かぼちや、にら、くるみ、黒
豆などは、とくに子宮と卵巣の働きを高めるので、ふだんの食事に積極的に取り入れていきましょう。また、冷
えも、子宮や卵巣が年齢よりも早く老化する原因になるので、アイスクリームやサラダ、ビールなど、冷たい飲食物は避けて、なるべく温かいものを食べるようにしましょう。
posted by mary at 02:47| Comment(0) | 妊娠しやすい体作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

妊娠するために心がけること

私は、20代の頃から生理不順でした。夫も精液検査で精子の数と運動率が結果がやくありませんでした。
病院での不妊治療はすべてやりました。
ベビ待ち6年、人工授精5回後、3回目の体外受精で、ようやく妊娠。
クリニックでの治療のほかに、サプリメントや日々の食事、温泉、神社やに願いをかけたりと、とにかく妊娠に良いと聞いたものはなんでも試しました。
妊娠するために心がけたこと
卵巣の機能が低かったため、アーモンドを食べてました。 体を冷やさないようになるべく湯船に浸かるようにし、腹巻きや靴下をを履いて寝ていました。
ストレスを多く感じていた周期は、卵胞(卵子)の成長が明らかに悪かったので、なるべく心穏やかに過ごすようにした。
posted by mary at 19:17| Comment(0) | 妊娠するために心がけること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宝神社 岩船山 高勝山

8世紀に、鳥取県に住む明願というお坊さんが「生身のお地蔵さんを拝みたい」と願ったところ、下野国(栃木県)の岩船山に登れという夢のお告げがありました。そこに行くと、山腹に庵があり、伊賀坊というお坊さんが村人たちを助けていました。明願は伊賀坊に連れられて山に登り、光輝く生身のお地蔵さんを拝むことができましたが、翌年、同じ場所に行くと、庵はなく、ただ地蔵尊が立っているのみ。そこで明願は、この地にお寺を建てました。また、徳川三大将軍家光の側室、お楽の方は、この岩船地蔵を信仰し、そのご利益で生まれたのが四代将軍家綱です。女根を表す奥の院の地蔵と、男根を表す山上の地蔵の両方を拝んで護摩祈願すると子宝に恵まれるとされます。
posted by mary at 19:09| Comment(0) | 子宝神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

早く妊娠したいために適正体重をチェック

肥満もまた、血行不良の要因の一つで、月経不順や排卵障害の原因になり、妊娠しにくいからだだといえます。たとえ妊娠しても、妊娠中の生活や出産時にトラブルの原因になるほか、生活習慣病の心配もあります。また、男性の場合も、精子の運動能力の低下を招く原因になります。肥満の人は、健康的なダイエットを始めましょう。ただし、太っていないのに太っていると間違って思い込んでいる人が多いので、まずは自分の標準体重を把握することが大切です。適正体重はBMI値を目安に判断するのが一般的なので、チェックしてみましょう。
また、体重だけでなく、体脂肪や内臓脂肪も考慮すること。体脂肪を調べるには、専用の体脂肪計が必要です。
最近の体重計は、体重以外にBMI値や体脂肪率も表示するものがあるので、購入すると便利です。
posted by mary at 13:44| Comment(0) | 早く妊娠したい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

卵子のエイジング

最近、「卵子のエイジング」ということが、さまざまなメディアで取り亅げられるようになりました。たしかに、女性が若くして子づくりをスタートすれば、妊娠しやすいということは事実です。
しかし、35歳以上だからといって、妊娠ということはそんなに困難ではないのです。

妊娠、そして、子育てにたどり着くことは、十分可能なことなのです。
もちろんそのためには、ひたすら自然妊娠のみを追求していくという姿勢ではいけないと思います。自分の身体をよく知り、そして、そこに何らかの問題が発見されたとするならば、そこに医療や生活改善などといった工夫を、積極的に取り入れることが大切になってきます。
「自分自身を知ることを体内インフラ」、そして「自分を取り巻く環境を体外インフラ」と考え、その両方をうまく最適化することによって、妊娠をぐっと身近に近づけることができます。不妊治療に関しても、医療を受けるという姿勢ではなく、積極的に活用するといく姿勢が大切です。

男性不妊サプリ
posted by mary at 17:46| Comment(0) | 妊娠しやすい体作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

生理不順の原因は心の乱れ

生理はストレスのバロメーターといわれるほどで、精神的なストレスがホルモン分泌に影響を与え、生理不順を起こすことが多いものです。現代社会では、生理不順の根本的な原因はストレスといってもいいほどです。強いストレスを一時的に感じただけで、生理周期が変わってしまうこともあるんです。

ホルモンバランスを乱れたままにしておくと、将来妊娠しにくくなったり、肩こり、頭痛、肌あれ、のぼせといった更年期のような症状が早く出たり、閉経が早まって骨粗しょう症や生活習慣病のリスクが高まる危険性もあるので、なるべく早くストレスを解消し、安定した生理周期にもどしたいもの。長引くときは、婦人科や心療内科を受診してみましょう。
posted by mary at 19:29| 生理不順 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

太っていると子どもができにくいって、ほんとう?

体脂肪率が高いと、血管の状態が悪くなり、子宮内の血流がとどこおりがちに。また肥満が進むと、ホルモンバランスがくずれて月経不順や排卵障害を起こす確率が高くなり、排卵障害の原因となる多嚢胞性卵巣症候群が多くなります。男性の肥満についても、精子の運動率や性状が悪くなるという報告脱体脂肪が標準を大きく上回っているなら体重を少し減らしましょう。ただし急激にやせると、ホルモンの分泌が悪くなるので要注意。
posted by mary at 15:45| Comment(0) | 妊娠しやすい体作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

妊娠しやすい体作り

妊娠しやすい体作りとは、日頃の生活習慣や食生活などを見直すことによって作っていきます。体が健康になって体調が良くなってくると、妊娠できる可能性も上がってきます。

また、自分の体が正常なのか調べることも大切です。正常な生理周期になっていないと、妊娠できる可能性も低くなります。生理不順や不正出血が起きていないか確かめてみましょう。
posted by mary at 15:26| Comment(0) | 妊娠しやすい体作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

排卵さえすれば高確率で妊娠できる人への治療 タイミング法

病院でで行われるタイミング法〜人工授精でおもに行なわれる排卵誘発法は、無排卵あるいは排卵障
害(排卵が不規則で起こりにくい)の人をスムーズに排卵させるための治療です。原則として1個、最大でも4個の卵子を排卵させることが目的です。
排卵障害の原因の約半数は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)によるものです。PCOSは、卵巣内に嚢胞がたくさんできてホルモン異常が起こり、排卵障害となります。病気ではなく、全女性の10%程度に見られる体質で、ごく軽症から重症までいろいろなレベルの人がいます。そのほかの排卵障害の原因としては、卵子を成熟させるホルモン(FSH)や排卵を促すホルモン(LH)を分泌する指令を出す脳の機能に問題があるケースや、授乳中に多く分泌されるプロラクチンというホルモンが分泌されて排卵が抑えられてしまう高プロラクチン血症などがあります。
しかし、こうした人は排卵が起こりさえすれば妊娠できる確率が高いので、排卵に必要なホルモンの分泌が正常になるよう、治療を行ないます。効きめがおだやかな漢方薬から始め、排卵しない場合は飲み薬の服用、飲み薬と注射の併用などで排卵を助けます。
posted by mary at 15:25| Comment(0) | 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

排卵日排卵から受精・着床まで

排卵から受精・着床まで

卵子と精子が受精して着床すると妊娠が成立
受精とは、女性の卵子と、男性の精子が出会うことです。
排卵した卵子は、卵管采に取りまれて卵管に入り、卵管膨大部で精子を待ちます。
一方、セックスによって腟内に入った数千万〜数億個の精子は、子宮を泳いで卵管膨大部に向かいます。
このうち、卵管までたどりつける精子は数百個。そして、卵子にたどりついた精子が卵子の透明帯というバリアをやぶって侵入すると、受精が成立します。
最初の精子が卵子に侵入すると、ほかの精子は侵入できません。
受精卵は卵子と精子のそれぞれの核が融合したあと、2分割、4分割、8分割と細胞分裂を繰り返しながら、卵管膨大部から子宮へ向かいます。
そして、子宮にたどりつき、受精後5〜6日目に胞胚(胚盤胞)という状態になったところで、子宮内膜にもぐリ込んで着床します。
これにより妊娠が成立します。


排卵日から妊娠までの流れ
排卵後、卵子と精子が出会って受精し、子宮に着床すると妊娠が成立します。

@排卵された卵子が卵管へ入る
排卵後、卵子と精子が出会って受精し、子宮に着床すると妊娠が成立します。

A排卵された卵子が卵管へ入る
卵巣から腹腔内に飛び出した卵子は、卵管采に取り込まれて卵管へ入ります。
ここで精子が来るのを待ちます。

B精子が卵管へすすむ
子宮内に入った精子は、左右の卵管へ向かってさらに突きすすみます。
その間、卵子は卵管膨大部で精子を待ちます(排卵が起きる前の場合は、精子が卵管の中で卵子を待ちます)。

C受精する
無事に卵管膨大部に到達した精子が、卵子を取り囲みます。
そして1個の精子が卵子の透明帯を破り卵子の中に入ります。
これが受精で、最初の精子が侵入した瞬間から受精卵の周りに壁ができ、他の精子は入れなくなります。

D受精卵は細胞分裂を繰り返しながら子宮へ
Cの受精卵は、卵子と精子の核が融合したあと、2分割、4分割、8分割と細胞分裂を繰り返しながら、卵管膨大部から子宮へ向かいます。


E受精卵が子宮内膜に着床し、妊娠が成立
子宮内に入った受精卵はさらに、細胞分裂を繰り返します。
そして胞胚(胚盤胞)という状態になったところで厚くなった子宮内膜にもぐり込み着床します。これで妊娠が成立します。
posted by mary at 00:36| Comment(0) | 妊娠しやすい体作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。